エントリー MENU CLOSE

STABLE
MANAGEMENT &
GROWTH STRATEGY

安定経営と成長戦略

ノジマグループ会社紹介
事業の多角化による安定した収益

家電量販店のイメージが強いノジマではありますが、
量販店以外にもさまざまな事業に取り組んでおり、成果を出しています。

ノジマグループ売上高推移

2019年度の売上高は5,130億5700万円と過去最高を達成しました。経常利益も4年連続で最高益を実現しています。国内の厳しい市場環境のなかでも、デジタル家電専門店運営事業・キャリアショップ運営事業・インターネット事業を主力とし、グループ間でシナジーを進めてきた成果が出ています。

キャリアショップ運営事業・インターネット事業

デジタル家電・専門店運営事業のほかにも、国内では
キャリアショップやインターネット事業を展開し、多角化を目指しています。

キャリアショップ運営事業

ITX株式会社

国内で約660店舗のキャリアショップを運営しています。
また携帯電話に関連するオフィスサポート(BPOサービス)、それらを活用したアプリケーションサービスまで、ソリューション型サービス分野での事業を展開しています。

インターネット事業

ニフティ株式会社

光ファイバーや高速モバイル通信などのネットワークサービスやユーザーのライフスタイルを豊かにするWEBサービスを提供しています。

海外進出

ノジマのサービスを、日本だけでなく海外にも届けたいという想いのもと、海外事業を進めています。
現在はシンガポールやカンボジアなど、おもに東南アジア方面にて展開しています。

コーツ

シンガポールで家電・家具の小売事業を展開するCourts Asia Limitedを子会社化しました。
東南アジアを起点にグローバルでの事業拡大を目指します。

売上:
680百万SGD (約544億円)
純資産:
184百万SGD (約154億円)
シンガポール:
14店舗 (613人)
マレーシア:
53店舗 (916人)
インドネシア:
8店舗 (540人)

ノジマカンボジア店

「ノジマブランド」の向上や浸透をさらに目指し、現在はカンボジア国内で2店舗を運営しています。
店舗設計から接客、スタッフ育成まで一貫して「日本流」を取り入れることで競合他社が真似できない良質なサービスを提供しています。
2018年3月期下期より黒字化し、海外でのさらなる店舗展開のノウハウの取得にもつなげています。